遺品整理費用の主な内容について

遺品整理の処分や回収費用は業者によって違いはあります。

しかし、その費用がことなることですから、かならず相見積もりをとりましょう。

最初から一社に決め遺品整理を進めると、払わなくてもよいようなものまで支払ってしまうこともあります。

それでは後悔します。

今回は【遺品整理費用の主な内容】についてお話します。

□まずは、遺品整理の内訳についての把握が大事。

一般的に遺品整理の費用に含まれているのは次の3種類。

1番目は遺品の運搬費用で、トラックの使用料になります。

2番目は遺品の回収費用です。

3番目は、遺品を分別する際の作業スタッフの人件費です。

トラックの大きさはお住まいの広さと、どれだけの遺品があるかによって違います。

回収費用には家電製品・食器棚・不要品などをゴミ処理場へ運ぶ費用です。

これは亡くなられた人の生活していた物品全般の多さによって違ってきます。

費用もどれだけ遺品がでるかによって人数も異なってきます。

近親者やご遺族側で可能な限り整理ができるならばコストセーブもできるでしょう。

生活雑貨が多いとやっかいです。

葬儀が終わって気持ちの整理ができないタイミングで遺品整理をするのは精神的にも辛いです。

費用的負担はありますが、最近は遺品整理業者に依頼をするケースが多くなっているようです。

箪笥貯金がでてきたりすることもあるようです。

信頼できるサービス内容の会社を選ぶようにしましょう。

一つ一つしっかりと仕分けできるノウハウがある会社に依頼したいです。