1月 22 2017

電話やメールだけで見積もりをしてくる遺品整理業者に注意すること

遺品整理は家族・近親者が物品全般を仕分けできるのが理想的です。

しかし骨とう品・美術品・生活用品・ゴミなどを分類してゴミ処理場・ゴミ処分場に運ぶことも簡単ではありません。

地方都市ならばローカルルールもあるでしょう。

親族は葬儀などのこともあり、最近は遺品整理業者に依頼することも増えています。

今回は【電話やメールだけで見積もりをしてくる遺品整理業者に注意すること】についてお話します。

□見積もりを電話やメールで正確に見積もりすることはとても難しいです。

ゴミ屋敷になっている場合は、物品の回収や処分も大きな作業量の違いができるからです。

2LDKだからと単純に決めることはできない場合もあります。

依頼主が遠方に住んでいるような事情があるならば、電話やメールだけの見積もりはありかもしれません。

ですがご遺族側が希望しない場合で訪問せずに見積もりしてくる遺品整理業者は注意したほうがいいです。

見積もりにない費用を追加費用として請求することもあります。

トラブルの原因になります。

見積もりの手間を惜しまないこと。

簡単な見積もりで済ませた場合にトラブルになることが多いです。

しっかりと訪問見積もりをしてくれて、回収作業・サービス内容・貴重品の取扱・生活家具をどのようにするかなど具体的に説明してくれる会社を選びましょう。

美術品・骨とう品などの専門知識を持っているならば財産価値のある物品を処分してしまうこともありません。

遺族では見過ごしすることもきちんとできます。

◎遺品整理士の仕事とは?⇒遺品整理士養成講座、いま注目を集めている資格 | 速報試験ニュース

Comments are closed.